耳抜きに不安のあるスキューバダイバーの為のホームページ


耳抜きの方法

耳抜きとは、ダイビング中(潜降中)に水圧により鼓膜が内側に圧迫された時に
感じる違和感や痛みを無くす方法です。( 詳しくは「耳抜きって何?」を)
(浮上時は、呼吸をしていれば勝手に違和感はなくなります。)

耳抜きの方法にはいくつかありますが、地上と比べ水中では圧力の変化が
非常に早いため、素早く確実な耳抜きの方法を取らなければいけません。

抜けやすい方法は人それぞれですので、以下の方法を組み合わせてみるなど、
ご自身にあった方法を試してみてください。

・鼻をつまんで(または鼻をふさいで)鼻をかむように息を鼻から出す方法。
 
*最も一般的な方法ですが、この方法(バルサルバ法)は中耳腔に急激に圧力がかかるため、
   耳管周辺のうっ血や腫れなどを引き起こすという欠点があります。無理に行うと浮上時に
   リバースブロックを起こす可能性もあります。優しくゆっくり行いましょう。


・鼻をつまんでつばを飲み込む方法。
(フレンツェル法・トンビー法)
 
*つばを飲み込むことにより耳管を開放し、中耳腔に空気を送り込む方法で、
   耳管に負担をかけない安全な方法です。


・鼻をつまんであごを左右に動かす方法。

・鼻をつまんであくびのしぐさをする方法。
(ヨーング法)
 
*あくびをすると耳管が開放し、鼻腔内の空気が中耳腔の送り込まれることにより耳抜きが
   可能となります。空気を無理に送り込まない方法なので、耳管に負担をかけない安全な
   方法です。


・首を回りながら、或いは、左右に動かしながら上記の方法をする。
・あごを前に出す方法。

・左右片方だけが抜けない場合は、抜けてない方の耳を水面に向けて、
 もう一度おこなってみる。

・声を出す。
(詳しくは「右脳と左脳の関係」を)

・呼吸を整える。


【注意!】
耳抜きを強引に行なうと、鼓膜を傷つけたり、内耳にダメージを与える
ことがあります。
また、浮上するときに空気が抜けない(リバースブロック)ようになること
もあります。無理は禁物です。
どうしても耳が抜けない場合は、ダイビングを中止しましょう。


耳抜きの対策とコツ」を読んでみよう!



耳抜きのタイミング

耳抜きが苦手なダイバーの多くは、耳抜きを行うタイミングが遅くて、
抜きにくくなってしまっている方も多く見られます。

耳が痛くなってしまっている状態では、鼓膜に圧力が強く掛かって
しまっている為、耳が抜けにくくなっています。
何となく鼓膜がツーンと押される圧迫感を感じ出したら、
抜かなければいけません。
日常生活では、飛行機やエレベーターに乗った時や、トンネルを抜ける時
に感じるあの違和感です。

ダイビングにおいては、1度耳が抜けてもさらに深く潜っていくと、、
水圧がまた変化するため、違和感を感じたら何度も耳抜きをする
必要があります。

    【5m潜る毎の水圧の変化率】
水深 環境圧 圧力変化率
0m 1気圧
5m 1.5気圧 1.5倍
10m 2気圧 1.3倍
15m 2.5気圧 1.25倍
20m 3気圧 1.2倍
25m 3.5気圧 1.16倍
30m 4気圧 1.14倍
 *環境圧とは、大気圧と水圧の合計。

表の通り、水深0〜5mまでは水圧の変化が一番大きい為、
より頻繁に耳抜きを行わなければいけません。
個人差があるので、「頻繁に」の目安が難しいですが、
1〜2呼吸毎に耳抜きをしてみましょう。

5mの壁を越えると、圧力変化は小さくなりますので、
耳抜きの回数も少なくなってきます。

耳が痛くなっている場合は、耳抜きが間に合っていません。
鼓膜を押す力が強くなっていますので、耳抜きもし辛くなります。
それ以上深くに行かず、50cm程浮上して圧力を減らし、
もう一度耳抜きを行います。
決して、耳が痛いのを我慢したまま潜り続けないようにして下さい。
最悪の場合、鼓膜が破れてしまいます。

どうしても耳が抜けない場合は、ダイビングを中止しましょう。

耳抜きの対策とコツ」を読んでみよう!

耳抜き相談室 概要

バリ島くらげ村(PT.jellyfish divers village)
Jl.Bypass Ngurah Rai No.536 Sanur BALI Indonesia
TEL/FAX:0361-281-085
E-mail:nohohon@jellyfish-village.com